埼玉大学 埼玉大学 環境社会基盤国際コース 埼玉大学 工学部 埼玉大学 大学院理工学研究科
〒338-8570
埼玉県さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学工学部建設工学科
建設構造工学研究室

学生のみなさんへ

研究室年間スケジュール

年間のおおよそのスケジュールです.

4月上旬 
  • 研究室ガイダンス
  • テーマ研究3(卒業研究)ガイダンス
研究室及びメンバーの紹介,卒論・修論テーマの紹介,安全教育等の指導,鍵の貸与,その他
4月中旬
  • 卒論・修論に関わる研究ゼミ開始
  • 有限要素法,振動など基礎知識に関するゼミ開始
  • 【新入生歓迎パーティー】
指導教員の決定,教員ごとに研究ゼミ
基礎知識のゼミは学生全員で実施
6月下旬
  • 研究発表会1
  • 【発表会打ち上げ】
全学生による研究中間報告
8月上旬
  • 研究発表会2 (兼テーマ研究3発表会)
  • 【前期打ち上げ】
全学生による研究中間報告
テーマ研究3の最終発表会
8月~9月
  • {学会発表}
院生は土木学会全国大会などで研究発表
10月上旬
  • テーマ研究2ガイダンス
  • 【留学生・3年生歓迎パーティー】
研究室及びメンバーの紹介
11月上旬
  • 研究発表会3
  • 【発表会打ち上げ】
全学生による研究中間報告
12月下旬
  • 研究発表会4
  • 【研究室忘年会】
全学生による研究中間報告
2月上旬
  • 卒論・修論提出
  • 卒論・修論発表用概要提出
2月中旬
  • 卒論・修論最終発表会
3月下旬
  • 卒業式・修了式・学位授与式
  • 【研究室卒業パーティー】

過去5年間の卒論・修論リスト

山口教授

平成24年度

  • (修)鋼橋の部材損傷を模擬した実験による減衰変化同定
  • (修)鋼ランガー橋の有限要素解析モデルの検討と Model Updating の適用
  • (修)Sensitivity of modal damping to corrosion damage in concrete beams

奥井教授

平成28年度

  • (卒)材料試験を用いた高減衰ゴム支承の性能確認方法の検討
  • (卒)設橋のLoad ratingと桁端損傷時の耐荷力評価の検討

平成27年度

  • (修)Probabilistic Distribution of Buckling Strength of Stiffened Steel Plates
  • (卒)SBH700S鋼材を用いた圧縮補剛板の限界強度に関する研究
  • (卒)自己発熱を考慮した雰囲気温度における特性値及び地震時温度上昇量の検討

平成26年度

  • (修)低温環境下における高減衰ゴム支承を有する橋梁モデルの地震応答解析
  • (修)Shear capacity of steel I section girders with thin strucured web
  • (卒)高減衰ゴム支承の加振時の内部温度変化を簡易的に推定する方法
  • (卒)有限要素法を用いた新しい薄型積層ゴム支承の開発に関する研究
  • (卒)残留応力と初期たわみのばらつきを同時に考慮した圧縮補剛板の極限強度解析
  • (卒)I桁の腹板に用いる波形クラッド鋼板のせん断強度に関する研究

平成25年度

  • (修)Finite Element Analysis of Laminated Rubber Bearing With Variable Steel Plate Arrangements under Compression and Rotation
  • (修)初期不整のバラツキを考慮した圧縮を受ける補剛板の限界強度に関する研究
  • (卒)凹凸鋼板ウェブ桁のせん断座屈性能に関する研究
  • (卒)高減衰ゴム支承における自己発熱による温度分布の推定に関する研究

平成24年度

  • (修)SBHS500を用いた合成ハイブリッド桁の終局強度算定式に関する研究
  • (修)SBHSを考慮した補剛板・無補剛板の終局強度に関する研究
  • (卒)高機能鋼材を採用したハイブリッド桁に関する研究
  • (卒)低温下における高減衰積層ゴム支承のモデル化とモデルの比較・検討
  • (卒)高減衰ゴム支承内部温度変化による温度依存性への影響

松本教授

平成28年度

  • (修)Validation of a new radar vibration measurement system and its possible application in condition monitoring of bridges
  • (卒)脳波による心的ストレス評価法の環境振動評価への適用性に関する基礎的検討
  • (卒)建設作業振動制御装置の設計のための建設重機加振力推定及び装置の効果に関する解析的検討
  • (卒)供用年数の異なるPC橋の振動減衰に対するエネルギー的評価法の適用
  • (卒)実測記録に基づく風力発電設備支持構造物の動的挙動に関する検討

平成27年度

  • (修)An Investigation of Changes in Modal Damping Characteristics of RC Beam due to Corrosion Induced Damages
  • (卒)PC梁の損傷に伴う振動特性変化に関する基礎的検討
  • (卒)建設作業振動制御装置の設計に用いる建設重機の加振力特性の推定

平成26年度

  • (修)地震観測システムを利用した免震橋の振動特性同定
  • (修)Vibration based monitoring for reliable modal damping identification of single span PC bridges
  • (卒)建設作業振動に対する地表面上での制御法に関する実験的検討
  • (卒)人の心理的応答に基づく環境振動の評価法に関する実験的検討
  • (卒)供用年数の異なる単径間PC橋の実稼働モード解析による振動減衰特性同定

平成25年度

  • (修)鉄筋腐食に伴うRC部材の固有振動特性変化に関する研究
  • (卒)建設作業振動に対する地表面上での制御に関する解析的検討
  • (卒)車両走行による振動を利用した単径間PC桁橋の減衰特性同定

平成24年度

  • (修)環境振動評価を目的とした非定常不規則振動論に基づく桁橋交通振動解析に関する研究
  • (修)低い周波数域での複合音に対するラウドネスに及ぼす周波数差の影響
  • (修)An investigation of annoyance caused by combined exposures to traffic vibration and noise in residential environment
  • (卒)成層地盤における建設作業振動の伝搬に関する実験的検討
  • (卒)振動特性変化を利用したコンクリート穿孔機による鉄筋損傷防止システムの検討
  • (卒)汎用FEM解析ソフトを用いた道路橋-車両連成振動解析の実橋梁への適用
  • (卒)補修を要する実橋梁の振動特性の解明とその健全度評価への適用性に関する考察

党 助教

平成28年度

  • (修)Performance Based Seismic Design For Function Separated Bridge
  • (卒)機能分散型免制震橋の危機耐性評価
  • (卒)免震ゴム支承を有する鋼製橋脚の2方向耐震性能評価
  • (卒)小型無人機(UAV)を用いた橋梁点検における必要性能と評価法の検討
  • (卒)発展途上国における鋼製橋脚の簡易耐震設計法の一提案

平成27年度

  • (修)Structural Vibration Sensing and Monitoring Methods Using Smart Devices
  • (卒)危機耐性とレジリエントを考慮した機能分離型免制震橋の提案
  • (卒)小型無人航空機(ドローン)を用いた橋梁点検手法に関する基礎的研究

平成26年度

  • (卒)スマートデバイスによる構造物の振動計測手法に関する研究
  • (卒)劣化ゴム支承の終局性能に関する確率論的評価
  • (卒)鋼製橋脚の水平2方向漸増動的解析(IDA

平成25年度

  • (卒)免震橋の2方向耐震性能に関する漸増動的解析